定期預金やスーパー定期、定期貯金、ネット定期について

定期預金とスーパー定期

定期預金のうちでも期間を決めて預け入れるものを都市銀行では「スーパー定期」という愛称で呼んでいます。スーパー定期はたいていの場合、預金額が300万円未満か300万円以上かで金利を分けて設定されています。

300万円以上の場合には「スーパー定期300」などと呼称されることが多いようです。また預け入れ金額が1000万円以上になると「大口定期」として区別されています。一般的に最短で1ヶ月、長いものになると10年間という満期期間も設定されています。

流動性が低いという点ではデメリットにもなりえますが、安定した資産形成の手段ともいえるのではないでしょうか。契約時に「自動継続」を選択すると、満期日を過ぎてもスーパー定期が自動的に更新されてしまう点などに注意が必要です。

ネット定期

最近ではインターネットで預金者を募る、いわゆるネット定期が多数設定されています。インターネットで預金を集めるため、実店舗を構えるコストがかからない分、窓口で扱っている定期預金と比べて金利が高く設定されているのが特徴です。

低金利の時代にあって、預金者には高い金利を得られる有利な商品といえるのではないでしょうか。ほとんどの金融機関が口座開設料や口座の維持費を無料に設定しています。また各金融機関で預け入れる期間や金額によって細かく金利が設定されているので、比較検討してから預け入れることが必要になるでしょう。

定期貯金

ゆうちょ銀行では「預金」ではなく「貯金」という呼称になっています。郵便局時代の名残でこのように呼ばれているのですが、ゆうちょ銀行の定期貯金も仕組みは銀行の預金と同じです。一般の銀行と同じように1000万円まで預金保険の対象となっています。

定期貯金の最大の特徴は預け入れから半年間たつと、いつでも解約できるということ。また適用金利も3年目までは半年がたつごとに金利が上昇するということなどです。3年目以降は同じ金利が適用されることになっています。

投資のことなら

・はじめて海外のFX業者に口座開設